■チラシのメリットについて

家のポストを空けると大手のスーパー、エステサロン、不用品回収業など
毎週新聞折り込みのチラシが入っていませんか?

大手のスーパーやエステサロン、宅配ピザなどは広告をたくさん打ちます。

 

ネットの普及にともない新聞購読者、特に若者の読者は減っていると言われていますが、
それでもチラシは無くなりませんむしろ人気です!!
では、なぜ新聞折り込みが人気の広告媒体になっているのでしょう?
それは、簡単です。地域に根 ざした情報を地域の方に発信できるからです。

 

しかも、ポスティングのような単体でポストに入っているチラシとは違い、
新聞とい う媒体とともに折り込まれてくるわけですから、信憑性も高く保存性についても優れており、
なによりもチラシを見てほしい日、
イベント前や、売り出し日の当日に発信、 集客できるのが最大の魅力です。

 

店舗がある場合は必然的に店舗中心として、人や車の流れ・取り込んでいきたいエリア中心になると思います。

しかし、地域密着とはいえ新聞折り込みの場合は、ターゲットの年齢層などは絞り込めません。

 

つまり、不特定多数の地域人にひとりでも多く届ける必要があるわけです。

これだと、小規模店舗や個人でお仕事をされているかたなどは、
予算的に難しかったり、あまり良い成果が得られないといったことがおこってきます。

では、新聞折り込チラシ以外で、チラシを見て貰う方法、配る方法はあるでしょうか?

 

ひとつはお店の前や人が集まるところで手配りする方法があります。
直接手渡しになりますから、来て欲しい年齢層、性別など、ターゲットをチラシを配る段階で絞り込めます。

 

そもそも興味のない人は受け取りませんので、比較的、角度の高いお客様に伝えたい情報を発信することができます。
ただ、配れる人数は限られてきますので、継続的に続けることが大事になります。

 

 

■ポスティングの基本

次は、ポスティングです。ポスティング自体は新聞折り込みと同じくらい費用もかかりますが、
折り込みと違うのはある程度のターゲットの絞り込みができること。

例えば、若者をターゲットで、中高年やファミリーにはチラシを届ける必要がない場合は、
単身者の集まるマンションや地域を限定して配布するということも、ポスティングなら可能です。

 


それから日程などもある程度であれば希望通りに配布してもらえるというメリットがあります。

また、新聞折り込み程の枚数がなくても実行できるという点では、小規模店舗さんであれば心強いかもしれません。

ポイントとして、ポスティング業者は配りたい場所、配りたい地域の業者を利用しましょう。
どういう人がどこにどれだけ住んでいて、どのくらいの反響が見込めるか、
どのくらいの枚数が必要になるかを教えてもらえますので、ご自身で信頼できる業者を捜すことも大事になります。

 

ただし、ポストに複数のチラシを投函するサービスですので、捨てられる確率が高いチャネルともいえます。

どのチャネルが自分のお店、商品に合っているか、じっくりと見極めることも大切です。

 

 

 

■チラシのデメリットについて

 

デメリット1:基本的にお金が掛かる

チラシの最大のデメリットは、基本的にお金が掛かるということです。
例え小規模な地域エリアの配布から始めるにしても、全く無料で行うことができません。

自分で作って配布するにしても、数千円から数万円はお金が掛かります。(用紙代、インク代など)

また、広告代理店などに広告の制作依頼をして作っていただき、その後、折り込み広告やポスティング業者などに頼むと、
数万円から数十万円の広告資金が必要になります。

 

 

■デメリット2:効果が持続しない

チラシのメリットには、チラシをまいたその日からお客さんが電話での問い合わせや予約があり、
そのまま来店する!!という即効性がある

その反面効果が持続しないというデメリットがあります。

 

チラシは基本的に“売込み”だと消費者は気付いているので、それを長い期間、継続して見るということがありません。

ポスティングなどの場合には、見ると同時にゴミ箱へ直行するケースも多々あります。

つまり、効果としては長期継続型には向いていないということです。

※長期継続型の広告媒体(看板・ホームページが向いています)

 

■デメリット3:情報量に限界がある

チラシは紙媒体なので、紙の大きさ(広さ)があります。

駅などで配っているティッシュサイズのものからポスティングなどで使うB5やA4サイズ、
新聞折り込み用のB4、A3サイズなど、大きさは様々です。

しかし、それでも情報掲載量の「限界」がありますので、ホームページなどと比べると圧倒的に劣ってしまうことになります。

 

このことをちゃんと理解しておかないと、一番伝えなければならないことが後回しにされていたり何でもかんでも詰めすぎて、ごちゃごちゃになってしまうこともあります。

だからこそ、チラシからwebに誘導するなどしてみると効果が倍になります。ぜひうまく活用してみてください。

 

 

コピーの勉強に役に立つ本のご紹介

 

もしあなたが
副業から始めて収入を増やしたい。
リスクなく会社を辞めて起業したい。

できれば、お客さんに感謝されるような仕事をしたい。

そう思ったことがあるのなら、
「ウェブ・セールスコピーの法則」は
あなたの役に立つでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1349638/5iTU0VFf/


インターネットを使って
起業したい、副業で稼ぎたい
そう考える人はたくさんにいます。

そして、実際に稼いでいる人もたくさんいます。

あなたもメールボックスを開けば
いろんな起業する方法や副業で稼ぐ方法の
情報が届くでしょう。

コンサルタント、コーチとして起業する方法や
片手間で、1日15分でと言った情報もありますよね。

ちょっと想像してみてください。

あなたのメールボックスにメールが来ました。
誰からか送信者・件名を確認して開いて読みます。
おすすめの情報やお役立ちの情報が、
メールの中に紹介されています。

その中で興味のある情報のリンクをクリックして
ページヘ飛びます。

そこには起業する方法や稼ぐための情報を
販売するためのセールスページや動画があります。

気づきましたか?
あなたは今何を見ていましたか?
何を読んでいましたか?

そうです。
ネットで商品・サービスを販売するのに
すべて文章があります。

セールスするための文章です。

このセールスコピーのスキルを身につければ、
仕事がいくらでもあると思いませんか?

もしあなたがこのスキルを身に付け
起業もしくは副業で稼ぎたいなら、
まずはこのビデオを見てみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1349638/5iTU0VFf/

 

 

 

売れるチラシの作り方をお教えいたします。このコンテンツは徐々に増えていくので、また見に来てください!!

 

チラシに適している業種とは

チラシのメリットとデメリット

ポスティングとは

用紙の種類について

用紙の重さとは?

入稿はどうしたらいいの?

 

進行スケジュールの決め方

よくあるチラシ企画とは

チラシのタイトルの作り方

色の決め方

ポスティングの基本

予算を決める

売上計画とチラシ計画

月間計画の立て方

配布エリアについて

ターゲットの決め方について

新聞社の決め方について

限定感で購買意欲をそそる

チラシ集客を成功させる方法

折り込みエリアと枚数を決める

ターゲット別チラシ広告の作り方

キッズ向けのチラシ

ファミリー向けのチラシ

シニア向けのチラシ

大人向けのチラシ

若い女性向けのチラシ

塾のチラシの作り方

エステのチラシの作り方

スーパーのチラシの作り方

飲食店向けチラシの作り方

キャッチコピーの重要性

キャッチコピーの作り方

文章を読ませる方法とは

ひらがなを使う

初売りセールチラシ

売りつくしセールチラシの作り方

1日限りのセール

均一セールのチラシ

わけありチラシ

歳末カウントダウンチラシ

納得して買わせるチラシ

ポリシーを伝える

ネットチラシを使う方法

クーポンを使う方法

ポイントカードを使う方法

 

 

低予算で大きな効果を出すならぜひシェアプリントにお任せください。

シェアプリントでは激安印刷をしておりますが、サポート体制には予算をさいております。

疑問や質問などありましたら、丁寧にお答えさせていただきます。
どんなことでもかまいませんぜひご相談くださいませ。

 

 

激安の理由

 

 

記事が役に立ちましたら「イイネ」をお願いします!!
シェアプリントでは、協同印刷で安くチラシが作れます。最新情報などはフェイスブックをご覧くださいませ。