折り込みチラシとは違う、反応率の良いポスティング。そんなポスていんングの基本についてご紹介いたします。

 

 

■ポスティングのメリットについて

ポスティングのメリットとして「ピンポイント」で宣伝ができるということが挙げられます。

新聞折込では不可能な『ターゲットを絞った』チラシ配布が可能になります。

さらに、ポスティングなら配布したいエリアを限定できます。

たとえば、新築のマンションを販売する場合、近くの一人暮らし、高級マンションの賃貸をしていそうな家にポスティングをします。

こうすることで、「ちょっと帰りに見てみるか?」というような需要を掘り起こせます。

一戸建ての家のみにポスティングする!!などきめ細やかな需要に対応できるのも魅力です。

 

■ポスティングの反応率について

基本的にポスティングに対する反響率は0.1%~0.2%です。

最初は1000件配って3件くらいの反応です。購入率は1件、もしくは0です。

何回も続けることで、少し、反応がよくなります。しかし購入率はいまだに低いままです。(折り込み広告もそんなものです)

 

by教えてgoo

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/3375328.html

 

 

■ポスティングだとついつい見てしまう

各家庭のポストに直接投函するポスティングは、必ず手に取って1度は見てしまうのが特徴です。

その着眼率は90%ともいわています。 多くのチラシにまぎれる新聞折込よりもポスティングの方が目に留まりやすいのもポスティングのメリットだと言われています。

 

 

■カタログや封筒も配布できる

ポストに入るサイズであれば、ティッシュ、うちわなどを入れることができます。 新聞折込では単価の高くなる連合チラシや変形チラシも同じ単価で配布できます。

 

 

■ポスティングをバイトに頼む場合

ポスティングのアルバイトにお願いする場合は時給、働く時間、ポスティングをする時間を決めましょう。

具体的には、「10日~20日までの間に何枚ポスティングしてください」という依頼の仕方が大切です。

バイトの料金は、戸建1枚5円で200枚を約1時間で配ります。

1日100枚~300枚の範囲で配るのが基本です。ノルマはなくチラシも配送されてくるので時間拘束の負担は少ないです。

配布禁止リストというのがあって、そこに入れるとクレームが付くので気をつけましょう。

 

 

■ポスティング自分でするなら、朝にする

ポスティングの最大のネックは暑さです。そのため、ポスティングするなら朝がお勧めです。

夏場でも涼しく、作業効率も上がります。さらに交通量や人の通行量も少なくチラシを配るには快適です。

マンションの常勤の管理人さんが来るのは9時くらいなので、朝なら管理人さんを気にすることなくポスティングをすることができます。

「昼」は季節によっては暑くて熱中症になる場合もあり危険です。

「晩」は涼しいことも多いですが、忙しい人には向きません。

「夜」は女性なら何かあると危険ですし、男性なら職質されることも多いようです。

気を付けましょう。

 

 

■配り方を工夫してみる

若者向けだったら学校の近くで配ってみる。 何らかの地域の会合や催事で宣伝する。 掲示を使うとか、地域広報紙で無料掲載のものを探す。ネットの地域版で宣伝する。 お店で声かけをしてチラシを渡す。

袋の中に商品と一緒にチラシを入れる。など工夫してみることが大事です。

 

 

■チラシを配る地域を絞り込む

飲食店の場合、通常は駅の反対側までチラシを配ろうとしてしまいますが、実は線路があると商圏は分断されてしまいます。

そこで

 

 

 

右のようにエリアを絞り込んで、配布をします。3,000枚配る場合は、1,000枚を絞り込んだ地域に対して3回配るようにしましょう。

人間は1回見ただけでは覚えてくれません。そこで、同じ地域に3回配布します。

こうすることで、チラシの効果を3倍にまで高めてくれます。

 

 

■空き室には絶対に入れない

空家は絶対配布しないようにしましょう。イメージが悪く、投函すると放火や悪戯の原因にもなります。

空家から反響は出ませんので、絶対にポスティングしないで下さい。

 

 

■きちんと挨拶をする

地域の住人さんに会った場合は必ず挨拶をするようにしましょう。 「○○町の○○ショップです。OOOのお知らせですのでどうぞ!」という具合に、笑顔で一言添えるといいでしょう。

一区画ずつ確実に 配布に出ればご理解いただけるのですが、最初のうちは『道の左右両方』を配り進めたくなります。

しかし、我慢しましょう(エリアの把握能力が育つまで我慢です)。

一区画ずつ確実に投函しないと「配布したか?してないか?」混同します。 これらは「重複配布」「配布漏れ」の原因になりますので正確に配布する為、1番地もしくは1区画ずつ配布を進めていきましょう。

効率よく配布するにはどうしたらいいか? 良く考える とは言っても「一区画ずつ」配布するというのは、行動に大きな「ロス」があるもんです。 効率よくエリアを回る為、頭を使いましょう。ヒント→「一筆書き」

 

 

■ポスティングのトラブル

配布を拒否された物件には「拒否する理由」があるものです。

無理に配布しようとするとかえってトラブルの原因にもなりかねませんので、絶対に配布しないで下さい。

どうしても配布したいのなら、後で菓子折りを持って行くなりして「お願い」というスタンスで切り込んでください。 また、この様な建物はメモしておき、今後の配布に役立てるべきです。中にはかなりクセのある方もいます。  警察を呼ぶ、○円よこせ、社長連れて謝罪に来い・・・無理難題を言われる事もありますので、注意しましょう

 

番地や区画の途中ではなく、必ず「切れが良い場所」で終わらせます。 解かり辛い終わらせ方をすると、次回の作業開始場所が不明瞭になるからです。 これも配布漏れ、重複、の原因になり、しっかりした効果測定が困難になります。

 

 

■配布が終了したら(効果測定)

お店、事務所に戻り、「月日」「地域」「配布枚数」を記録しましょう。 この記録の積み重ねこそが明日からの重要なデータになります。 データを元に色々な展開を推測、行動していけますので、正確に記録しましょう。

 

 

■チラシ配布を続けよう!!さらに改善しよう!!

実は「ポスティングのやり方」の中で一番重要な事は、継続する改善するという事です。

チラシは一度配っただけでは効果がありません。

「いくら掛けて(広告経費)、いくら戻って(売上げ)きたか?」だけを考えてしまうとポスティングは非効率になってしまいます・・・

しかし、商売は「目先」だけを考えていてはいけません。

ポスティングで来客してくれたお客様は、全員が将来的に「超優良顧客」になる可能性を秘めてます。

例え反応率が「少ない」と感じても、一人のお客様が気に行ってくれて、リピートになる可能性があります。

リピートが増えていけば、将来的に「すごい売上」につながっていく可能性があります。

だからポスティング『可能性を連れてくる、種まき広告』とも言えるのです。

 

 

■サンキューレター(お礼状)、ニュースレター

『接客』だけでは伝えきれない事を、効率的に伝えるのが『広告ツール』の使い方でもあります。

ポスティングを自分で行う場合、「これ(ポスティング)は俺の仕事じゃないんだけどなぁ・・・」という考えは捨てておきましょう。

そうじゃないとご自身でポスティングを継続していく事は、まず無理です。

「これも自分の本業の為に必要な仕事なんだ」 「新しいお客さんと出会いたい!」と念じながら、ポストにあなたの想いを配布してください。

 

モノがない時代は、モノがあれば売れました。見せ方が上手な人、プレゼンが上手な人もモノを売る事が出来ました。

しかし・・・最近はそうではありません。物はあふれています。

お客さまの動向が、今までと違ってきてるのです。看板だけでは、お客さんはやって来てくれません。 

しっかり本業に勤しみつつも、発信していかない限り 何かを伝えていくのは難しい世の中なのです。 ですので、しっかり続けていきましょう。

データを取り、チラシをバージョンアップさせながら続けると、いつしか『集客って簡単だよ』と言える日がいつか来ます。

 

 

コピーの勉強に役に立つ本のご紹介

 

もしあなたが
副業から始めて収入を増やしたい。
リスクなく会社を辞めて起業したい。

できれば、お客さんに感謝されるような仕事をしたい。

そう思ったことがあるのなら、
「ウェブ・セールスコピーの法則」は
あなたの役に立つでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1349638/5iTU0VFf/


インターネットを使って
起業したい、副業で稼ぎたい
そう考える人はたくさんにいます。

そして、実際に稼いでいる人もたくさんいます。

あなたもメールボックスを開けば
いろんな起業する方法や副業で稼ぐ方法の
情報が届くでしょう。

コンサルタント、コーチとして起業する方法や
片手間で、1日15分でと言った情報もありますよね。

ちょっと想像してみてください。

あなたのメールボックスにメールが来ました。
誰からか送信者・件名を確認して開いて読みます。
おすすめの情報やお役立ちの情報が、
メールの中に紹介されています。

その中で興味のある情報のリンクをクリックして
ページヘ飛びます。

そこには起業する方法や稼ぐための情報を
販売するためのセールスページや動画があります。

気づきましたか?
あなたは今何を見ていましたか?
何を読んでいましたか?

そうです。
ネットで商品・サービスを販売するのに
すべて文章があります。

セールスするための文章です。

このセールスコピーのスキルを身につければ、
仕事がいくらでもあると思いませんか?

もしあなたがこのスキルを身に付け
起業もしくは副業で稼ぎたいなら、
まずはこのビデオを見てみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1349638/5iTU0VFf/

 

 

 

売れるチラシの作り方をお教えいたします。このコンテンツは徐々に増えていくので、また見に来てください!!

 

チラシに適している業種とは

チラシのメリットとデメリット

ポスティングとは

用紙の種類について

用紙の重さとは?

入稿はどうしたらいいの?

 

進行スケジュールの決め方

よくあるチラシ企画とは

チラシのタイトルの作り方

色の決め方

ポスティングの基本

予算を決める

売上計画とチラシ計画

月間計画の立て方

配布エリアについて

ターゲットの決め方について

新聞社の決め方について

限定感で購買意欲をそそる

チラシ集客を成功させる方法

折り込みエリアと枚数を決める

ターゲット別チラシ広告の作り方

キッズ向けのチラシ

ファミリー向けのチラシ

シニア向けのチラシ

大人向けのチラシ

若い女性向けのチラシ

塾のチラシの作り方

エステのチラシの作り方

スーパーのチラシの作り方

飲食店向けチラシの作り方

キャッチコピーの重要性

キャッチコピーの作り方

文章を読ませる方法とは

ひらがなを使う

初売りセールチラシ

売りつくしセールチラシの作り方

1日限りのセール

均一セールのチラシ

わけありチラシ

歳末カウントダウンチラシ

納得して買わせるチラシ

ポリシーを伝える

ネットチラシを使う方法

クーポンを使う方法

ポイントカードを使う方法

 

 

低予算で大きな効果を出すならぜひシェアプリントにお任せください。

シェアプリントでは激安印刷をしておりますが、サポート体制には予算をさいております。

疑問や質問などありましたら、丁寧にお答えさせていただきます。
どんなことでもかまいませんぜひご相談くださいませ。

 

 

激安の理由

 

 

記事が役に立ちましたら「イイネ」をお願いします!!
シェアプリントでは、協同印刷で安くチラシが作れます。最新情報などはフェイスブックをご覧くださいませ。