データ入稿方法は各会社によって違います。しかし、ある程度は同じなので覚えておくとよいかもしれません。

基本は、入稿ガイドラインにしたがって完全なデータを作っておくことです。

修正がないようにしておきましょう。

このページでは入稿のポイントや、チェックポイントを書いておきます。参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

■チラシデータの入稿方法

データの入稿方法は大きく分けると4つあります。メールで送るのが一番簡単なのですが、容量によっては遅れない場合があります。

 

 

web入稿方式・・・・管理画面が用意してあり、そこでデーターをやり取りします。

オンライン入稿・・・FTPを利用する方法、オンラインストレージサービスで入稿する方法があります。

ファイヤーストレージなどがよく利用されています。http://firestorage.jp/

 

メールで添付して送る・・・メールで送れる容量が決まっています。3M~5M程度なので注意してください。

メディア送付入稿・・・・ 最終校正が確認できるデータと本データを一緒に送る方法です。
FD・CD・ZIP・DVD-ROMでも受付けている会社がほとんどです。

 

 

 

■入稿データを送るときの注意点

圧縮ファイル名に、半角記号の「/(スラッシュ)」や、「*(アスタリスク)」・「¥(円マーク)」が入っていた場合、

正常にファイルが送信されないおそれがあります。

 

 

■入稿データは 圧縮をしたほうがいい

特にオンライン入稿の場合、圧縮をしなかった事によるデータ破損が多く見受けられますので、必ず圧縮をかけてから送信してください。 また、メディア入稿時のコピーミスによるデータ破損も見受けられます。

 

 

■ファイル名をわかりやすくしておく

入稿データフォルダ内は、印刷用の最終データが必ずわかるようにファイル名を設定しておくとよいです。

キャンペーンチラシ_印刷用_2013_0903.pd

キャンペーンチラシ_最終データ.ai

 

などです。最後に日にちも入れておくとさらにわかりやすくなります。

読めばわかるようにしておくことがトラブル回避につながります。

 

 

 

 

■イラストレーターでの入稿時チェックポイント

・文字のアウトライン・・・必ず文字のアウトラインをとってください。
・トンボをつけておく

印刷した物をご希望のサイズで仕上げるためには、正確な印刷仕上がりサイズに基づいて作成されたトンボ(トリムマーク)が必要になります。特にIllustratorでデータを制作されるときはデータ上にトンボを作成しましょう。
正確な印刷仕上がりサイズに基づいて作成されていなければNGになります

 

 

【お役立ち参考サイト】

名詞・はがき・Aチラシの入稿データを作る: http://webdesignclass.blog.fc2.com/blog-entry-5.html

 

 

 

■フォトショップでの入稿時チェックポイント

 

【CMYKで作る】

カラーデータはRGBではなくCMYKで作成してください。RGBで入稿された場合、当社にてCMYKへ色変換いたしますが、色味が変わります。 モノクロの場合はグレースケールで保存してください。

 

【黒色の表現について】
カラーで黒を表現する方法は二通りあります。一つはK100%の黒。もう一つはリッチブラックと言われる黒です。

リッチブラックにすると、黒に深みが出てきれいに仕上がります。

使用したCMYKの合計が280%以内になるように設定してください。それ以上になりますとインクの裏移りするの可能性があり、印刷物が汚れてしまいます。これはファイルチェックの対象外となりますのでお気をつけください。
また、トンボに使われるレジストレーションカラーは各色100%、合計400%となっておりますが見当合わせに使用いたしますので変更しないでください。

 

解像度は350dpiまで・・・解像度は300~350dpiで作成してください。 解像度が低いと、写真の画像があれてしまいます。

 

【レイヤーを消しておく】

印刷に不必要なレイヤーは消去し、その後レイヤーの統合をしてください。
レイヤーの統合を行わないと、文字情報が生きておりますので文字化けの原因となります。

 

 

 

 

■オフィスデータの注意点

Microsoft Officeデータは、PDFデータで入稿したほうが安全です。

データを開く場合、パソコン環境の影響でレイアウト、文字化けをする可能性があるためです。

これも覚えておいて損はありません。

 

Microsoft Officeデータ(Word・PowerPoint・Publisher)は商業印刷向けに作られたソフトではありません。

そのため、印刷入稿にはあまり適していません。

シェアプリントでは、オフィスソフトの印刷も大丈夫ですので、ご相談くださいませ。

 

 

■色の変換ができません。

Office入稿の場合、CMYKカラーへの変換が不可能であるため、 パソコンの画面上で表示されているとおりの色は

印刷で再現することが出来ません。
特に、蛍光色のような鮮やかな色はくすんだ色に変換されます。

 

 

とくに黄色の色味が変わっています。

濃淡も若干違うので注意が必要です。そもそも繊細な色を使う人はオフィスは使いませんので大丈夫だとは思いますが

違いを知っておくとよいかもしれません。

 

モノクロ印刷の場合は、グレースケールに変換することになります。

グレースケールとモノクロは色のイメージがかなり変わってしまうので注意しましょう。

 

 

■類似ソフトの対応

Open OfficeやKingsoft OfficeなどのMicrosoft社以外のOfficeで作成・編集されたデータには、

データにした場合ただしい印刷が出来ない恐れがあります。

 

 

コピーの勉強に役に立つ本のご紹介

 

もしあなたが
副業から始めて収入を増やしたい。
リスクなく会社を辞めて起業したい。

できれば、お客さんに感謝されるような仕事をしたい。

そう思ったことがあるのなら、
「ウェブ・セールスコピーの法則」は
あなたの役に立つでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1349638/5iTU0VFf/


インターネットを使って
起業したい、副業で稼ぎたい
そう考える人はたくさんにいます。

そして、実際に稼いでいる人もたくさんいます。

あなたもメールボックスを開けば
いろんな起業する方法や副業で稼ぐ方法の
情報が届くでしょう。

コンサルタント、コーチとして起業する方法や
片手間で、1日15分でと言った情報もありますよね。

ちょっと想像してみてください。

あなたのメールボックスにメールが来ました。
誰からか送信者・件名を確認して開いて読みます。
おすすめの情報やお役立ちの情報が、
メールの中に紹介されています。

その中で興味のある情報のリンクをクリックして
ページヘ飛びます。

そこには起業する方法や稼ぐための情報を
販売するためのセールスページや動画があります。

気づきましたか?
あなたは今何を見ていましたか?
何を読んでいましたか?

そうです。
ネットで商品・サービスを販売するのに
すべて文章があります。

セールスするための文章です。

このセールスコピーのスキルを身につければ、
仕事がいくらでもあると思いませんか?

もしあなたがこのスキルを身に付け
起業もしくは副業で稼ぎたいなら、
まずはこのビデオを見てみてください。

http://directlink.jp/tracking/af/1349638/5iTU0VFf/

 

 

 

売れるチラシの作り方をお教えいたします。このコンテンツは徐々に増えていくので、また見に来てください!!

 

チラシに適している業種とは

チラシのメリットとデメリット

ポスティングとは

用紙の種類について

用紙の重さとは?

入稿はどうしたらいいの?

 

進行スケジュールの決め方

よくあるチラシ企画とは

チラシのタイトルの作り方

色の決め方

ポスティングの基本

予算を決める

売上計画とチラシ計画

月間計画の立て方

配布エリアについて

ターゲットの決め方について

新聞社の決め方について

限定感で購買意欲をそそる

チラシ集客を成功させる方法

折り込みエリアと枚数を決める

ターゲット別チラシ広告の作り方

キッズ向けのチラシ

ファミリー向けのチラシ

シニア向けのチラシ

大人向けのチラシ

若い女性向けのチラシ

塾のチラシの作り方

エステのチラシの作り方

スーパーのチラシの作り方

飲食店向けチラシの作り方

キャッチコピーの重要性

キャッチコピーの作り方

文章を読ませる方法とは

ひらがなを使う

初売りセールチラシ

売りつくしセールチラシの作り方

1日限りのセール

均一セールのチラシ

わけありチラシ

歳末カウントダウンチラシ

納得して買わせるチラシ

ポリシーを伝える

ネットチラシを使う方法

クーポンを使う方法

ポイントカードを使う方法

 

 

低予算で大きな効果を出すならぜひシェアプリントにお任せください。

シェアプリントでは激安印刷をしておりますが、サポート体制には予算をさいております。

疑問や質問などありましたら、丁寧にお答えさせていただきます。
どんなことでもかまいませんぜひご相談くださいませ。

 

 

激安の理由

 

 

記事が役に立ちましたら「イイネ」をお願いします!!
シェアプリントでは、協同印刷で安くチラシが作れます。最新情報などはフェイスブックをご覧くださいませ。